CSSで要素を
変形させよう

HTMLの要素を変形させる代表的なCSSの指定方法を紹介します。
CSSアニメーションのkeyframesに要素の変形を組み合わせると、「パタッ」と要素が出現する、「くるっ」と要素が回転する、といったようなユニークな動きを実現することが可能です。

See the Pen CSSで要素を変形させよう by 動くWebデザインアイディア帳 (@ugokuweb) on CodePen.

「Result」下のRerunを押して動きを確かめてね!↑

1. transform: ●●;

・・・要素を2D、3Dに変化させ移動、回転、伸縮、傾斜の4つの変形を加えることができる

1-1. 移動

translate(X軸方向の移動距離,Y軸方向の移動距離);
translateX(X軸方向の移動距離);
translateY(Y軸方向の移動距離);
translateZ(Z軸方向の移動距離);
translate3d(X軸方向の移動距離,Y軸方向の移動距離,Z軸方向の移動距離);

記述例: transform:translate(50px,50px);

1-2. 回転

rotate(回転角度);
rotateX(X軸の回転角度);
rotateY(Y軸の回転角度);
rotateZ(Z軸の回転角度);
rotate3d(X軸,Y軸,Z軸,回転角度);

記述例: transform:rotate(40deg);

1-3. 伸縮

scale(伸縮の数値);
scaleX(X軸の伸縮の数値);
scaleY(Y軸の伸縮の数値);
scaleZ(Z軸の伸縮の数値);
scale3d(X軸の伸縮の数値,Y軸の伸縮の数値,Z軸の伸縮の数値);

記述例: transform:scale(1.1);

1-4. 傾斜

skew(X軸の傾斜角度,Y軸の傾斜角度);
skewX(X軸の傾斜角度);
skewY(Y軸の傾斜角度);

※ 傾斜はZ軸なし。2Dのみ

記述例: transform:skew(50deg,50deg);

2. transform-origin:(●●);

・・・要素の基点を指定する。

transform-origin:(X軸の位置,Y軸の位置,Z軸の位置);

要素の中心の初期値は
2Dの場合50%, 50%
3Dの場合50%, 50%, 0

記述例: transform-origin:(50px,50px);
    transform-origin:(center,center);
    transform-origin:(left);

3. perspective: (●●);

・・・要素に対して遠近感を設定する

perspective:();

※指定した要素だけに効果を適応させたい場合は、transformの中に書きます。
 transform:perspective();

記述例: perspective:(50px);

4. perspective-origin: (●●);

・・・奥行きの起点となる位置を決める

perspective-origin:(X軸の位置 Y軸の位置);

記述例:perspective-origin:(20px 40px);
    perspective-origin:(50% 50%);
    perspective-origin:(left center);

5. backface-visibility: ●●;

・・・三次元になった際に裏面を可視化するかどうか

記述例:backface-visibility: visible; /可視化する/
    backface-visibility: hidden; /可視化しない/

基礎から学びたい方へ

Webサイトの動きを実現する仕組みと
準備について基礎から学びたい方は
下記をまず読み、基本を理解してから
コピペしましょう

Webサイトの動きを
実現する仕組みと準備

動かない時のチェック項目

書籍情報

紙面だからこそできるまとめ方でコードを説明し、
全体を俯瞰して調べることが出来る構成になっています。

もちろん、パーツのサンプルコードもzipでまとめてダウンロードできます。
購入をしてくださった方には特典がありますので是非チェックしてみてください!

書籍紙面サンプル
書籍紙面サンプル

出版社:ソシム株式会社 
2021/2/27 発売予定

トップページへ戻る

Page
Top